« 夏休み開始 | トップページ | 慌ただしかった一か月 »

2008動物愛護フェスティバルinえべつ

我が城にも愛犬が2匹、熱帯魚に海水魚と生き物が多数おります。

動物愛護に関して日本か米国などに比べるとかなり遅れているのが現状です。
米国には「アニマルポリス」という職業があります。
日本語に訳すと「動物警察」。・・・まんまですww

米国内で適切に飼育されていない、虐待がある、賭けの商品として生き物をしようしている、など様々な出来事、生き物を生き物として飼育していない人を逮捕するのです。
逮捕された人は人間と同じ警察署に連行され、判決を待ちます。
有罪になれば当然罰も罰金もあります。

日本では動物虐待をしても「器物破損」でしか扱えないのが今の法律。
警察だって動きません。
でも、かなり前にネットの2ちゃんねるで、拾った子猫を殺していくシーンを撮影して載せた男がいました。
ネットだから見つからないとでも思ったのでしょうかね。
当然、こいつは逮捕されました。

この残虐性が怖いです。いずれはこの残虐性が人間に向くでしょう。

生き物には全て命があり、人が飼育しているものは責任があります。
でも、何をするのかを知らない人も多いのも事実です。
そんな中でこういうイベントがあると、今まで知らなかったコトや普段聞けない些細なコトも気軽に獣医さんに聞くこともできます。

ご近所に住んでいる方、いける距離にいる方、興味がある方、どうぞ会場へおこしくださいませるんるん

下記がHPですわーい(嬉しい顔)

http://www15.plala.or.jp/kamiebetu/festival.html

|

« 夏休み開始 | トップページ | 慌ただしかった一か月 »

ペット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 夏休み開始 | トップページ | 慌ただしかった一か月 »