« 虫さされ | トップページ | 9才の愛犬1号 »

残暑厳しい日の防災訓練

小学生の頃は 「引き取り訓練」 というのがありまして、災害にあったと想定して誰かが子供を迎えにいく。というものでした。我が城からは子供の足で徒歩50分くらい。遠いっす( ̄Д ̄;;
災害にあったと想定するのだから車での迎えはいけません。徒歩か自転車となる訳です。
幸い、学校の近くの友人が車を置かせてくれたので楽出来ましたが、そうでない人は歩いていく人あり、学校近所の施設に車を置いてく人あり(毎年苦情が出る)、学校近くのスーパーの駐車場に車を置いていく人あり(この場合スーパー内に制服姿の子供を連れた買い物客がいるのでよく分かるw)と様々でした。

中学校になるとそういう訓練はないのです。
王子 の通う中学は通学範囲がかなり広いので徒歩で迎えという訳にはいきません。自力で帰宅してくれる事を祈るばかり。

城のある住宅街は世帯数だけでも数百あるので、ひとつの町内会として機能しています。そして防災訓練も行われました。
090906_103601 こじんまりとした消防車。 まだ新しいけど、誰が使い方を知ってるんだろか?? 
ホースが格納されておりまして、そっからホースを取り出し、防火水洗に取り付けて 放水訓練 も行われました。 それはそれは凄い迫力で、、、ん?
ちびっ子達がどんどん放水している場所に集まってきた。 若い世帯が多いとは思ってたけど、凄い数のちびっ子達。 どっかの分校よりも人数は多いぞ。 
そうです。ちびっ子達は 放水訓練 の水で遊んでるのですね~。噴水で戯れる子供の姿です。 暑い日だったから気持ちいいだろうけど、、この水って雨水を貯めておいたものを使ってるんですよ。貯めてた間は何が混ざったか分からない。口に入ったらよいものではないと思うけど。
と、そんな話をしているのを聞いていた 王子 が 「止めに行かなくていいの?」 と言ってきました。う~ん、正義漢溢れる年齢だなぁ~と思いながら 「止めるなら子供の親が止めるからいいの。」 というしかありません。 王子 は納得しきれていないような顔をしましたが、この住宅街はお話好きな人がいるし、噂話にオヒレまでつけて流してくれる人もいるし、クセのある人もいるし、子供を野放しにしている家庭も多い。。おせっかいババァをしても逆ギレされるだけだからです。
090906_103101
これは汚れた水を飲める水にする機械だそうで、簡単な濾過装置に塩素をたっぷり入れて飲める基準値の水が出来る。というシロモノ。
塩素の量が半端なく入っていたそうです。薬くさい水ってやつね。
もっとしっかりした浄水濾過装置のついた機械があればいいのに~と話しておりましたが、採算が合わないから企業としては作らないそうです。
ランニングコストが高すぎるとも。
やっぱ家庭にある程度の水の備蓄は必要ですね~。

|

« 虫さされ | トップページ | 9才の愛犬1号 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 虫さされ | トップページ | 9才の愛犬1号 »