« 親子奉仕作業 | トップページ | しじゅうくにち »

明日は6:45出発

部活の練習試合の相手先である学校の場所は車で片道1時間くらいかかります。どんだけ~田舎shock
12時には終わるからそのままいるか、、往復2時間で帰宅しても2時間したらまた出発。。ガソリン代を考えたら、そのままいるのがいいのかなぁ。
明日も今日のように猛暑らしい。
前回のように 熱中症 のコドモがでない事を祈るよ。

前回、帰る前に部長の親から子供たちへ注意事項が言い渡されました。
基本自分の事は自分でしましょう。みたいな感じになるんだよね。
練習試合中、顧問が審判してる時って子供たちの様子は誰が見るんだろう?
子供同士で見るのかね。12才、13才、14才のコドモがww

親が何をするのか、部長の親からも顧問からも何も言われていない。
しゃしゃり出ていいもんか悩むけど、今までを見る限りでは大変なのは子供たちだよな。
1年生は指示を出されれば動くけど、その指示を出せるのは顧問だけ。
顧問にそんな余裕がなかったら、、誰が出す?
また熱中症になって、気付くのが遅れて救急車要請にまでなったらどうするんだろう?
ホラ、テレビのニュースでやってるじゃない? 部活中に具合が悪くなって救急車で運ばれましたって。 
なんて考えるとイライラしてくるので、明日は同行するけど基本放置します。

|

« 親子奉仕作業 | トップページ | しじゅうくにち »

学校」カテゴリの記事

コメント

この記事のTB記事っぽいのを書きかけて放置しております。暑くて~(って軽く言い訳)

あのね、思うんだけど、
親の部活との関わりついて、保護者会のコンセンサスをとった上で、ちゃんと、代表さんと顧問の先生と話し合いをもって、明確な住み分けをしなくちゃいけないと思う。

基本、統括するのは先生だよ。チームマザーではない。熱中症のこともしかり、これは以前の代表さんにも責任があるとおもうのだけど、中途半端にチームマザーとして手を出すと、先生も手の出しように困ると思うの。逆に甘えてしまうと思う。

この先生の話をみていても、親との距離感を量りかねているうちに、親に依存して、手の出し方を間違えてしまった良い例だと思うな。
(親御さんがしてくださることに文句はいっちゃいけない。多少、迷惑でも黙っている方が懸命っていう意識は先生側にあるよ。また、同様に、親が決めたことに逆らわないっていうところも…上手に信頼関係を結び、子供たちのために、どのような協力をしたらいいか、先生のほうで保護者に指示を出してください。こちらは、それに従う、添うっていう気持ちを伝えて理解してもらうことが大切だと思う。

親は、子供たちの指導、指揮系統に出来るだけ手を出さない。(但し、社会体育等の監視の時など先生の居ない時はは別)先生に引率や練習のときなどは、出来る限り、責任をもってもらうべきで、助けて欲しいことだけは、しっかりと保護者に指示してくださいと、話し合った上で確認しておくべきだと思う。

今のままだと、熱中症や事故が起こったときの最終責任所在すら明確じゃないと思うよ。


社会体育ってヤヤjコシイ位置づけのものはできたけど、部活は部活で、学校の管理下で教育の一環として行われるもの。中学生にもなると、やっぱり、自分たちの縦の繋がりのなかで、チームを維持してくって能力を育成することが大切。試合に勝つことが本来の学校部活の目標ではないと思うな。親が、見すぎても、親が、口を出しても、それって、思春期の成長の妨げにしかならないとおもうわけよ。  

まずは、2年生の意識を育てることから始めましょう。先生と協力してね。親同士で家庭で声をかけてもらうことも大切。
うちのバレー部の部長くん、気の良い子なんだけど、かなりのマイペース。ママは、日々のチームマザーとして感じたことを家庭に戻り、一生懸命語りかけているようです。
子供を育てるって、きっとそーゆーことから始まるんだと思うよ。

考えてごらんよ。
私たちの時代。中学校に入って部活に入って、顧問の先生と部活の仲間との繋がりの仲で、どれほど成長したかわからない。そこには、小学校の時代とは違って、親とは一歩はなれた世界だったように思うんだけどな。


王妃は、今、副会長でしょう。
附属は特殊な教育校だし、その中で、いかに潤滑に部活を通して子供たちを育てていくか、学校と話し合いをすべきだと思うなあ。どんな風にすべきかってのは、また、その気になったら聞いてね。

投稿: らっきち | 2010年9月 4日 (土) 14時43分

★らっきちんへ★

たくさんの意見をありがとうございますhappy01

>基本、統括するのは先生だよ。
>チームマザーではない。

そうだよね。ワタシが子供の頃って親が部活に顔を出すのって少なかったと思う。

>この先生の話をみていても、親との距離感
>を量りかねているうちに、親に依存して、
>手の出し方を間違えてしまった良い例だと
>思うな。

今の顧問は公立中から来たんだけど、附属の部活への関わり方に顧問自身もどうやっていいか困ってるって言ってた。

附属の親の中には「もともと学校自体が部活に熱をいれません。って話をしてるのだから、熱心に部活動をされても困る」という意見もあるようなんだよね。

教育学部附属という事で、先生自身も教育研究発表会もあるし、本来の仕事がたくさんあって、大変だと思う。
子供たちも練習不足で負けると思って試合してる姿を見てると、みんな表情は暗いしやる気がないんだ。
顧問が変わって練習量も増え、細かい指導も受けられてからの先輩は去年とは全く違うチームになってたよ。
当然、練習を頑張って試合に勝てた時の喜びはすごいものと思う。
附属の子たちは部活が忙しいから勉強出来ませんでした。なんて言い訳をする子はいないんだよね。目的を持って附属に入学してるから。

>先生に引率や練習のときなどは、出来る限
>り、責任をもってもらうべきで、助けて欲し
>いことだけは、しっかりと保護者に指示して
>くださいと、話し合った上で確認しておくべき
>だと思う。

そうだよね。練習試合の回数にしても、去年とは比べ物にならないくらい増えたし、去年と同じように親が練習試合全てに行き、おしぼりやら用意するのは回数が増えた分大変だから。
先生自身も公立中と附属でのやり方の違いに戸惑ってるし、話をしたら?って部長の親に話をしたんだけど、、、はぐらかされた。sad
はぐらかす理由が理解できない。

顧問には親にどこまでかかわってもらいたいのか、顧問としてどうやっていきたいのかを部長の親に話をしてもらえませんかって直接話してきましたscissors
はぐらかす部長の親を待ってても時間が無駄に過ぎるもんね。

>自分たちの縦の繋がりのなかで、チームを
>維持してくって能力を育成することが大切。
>試合に勝つことが本来の学校部活の目標
>ではないと思うな。

うん、今の時期だから出来る事ってあるよね。(◎´∀`)ノ
勉強とは違った人と人との繋がり方や楽しい思い出も作れるし。note

2年生は6人中、1人は「俺様タイプ」、+2人が加わると部長を立てるなんて事は全くしないんだよね。
3人になると遊びも入るし、いい加減にもなっちゃう。部長は真面目にやってる。王子は真面目にやってるんだろうけど、行動がついてかない。残り1人は「俺様タイプ」な「ズボンを下ろしてナマイキ」なんてクダラナイ理由でハブにされてる(~ヘ~;)

「俺様タイプ」の親は変な人ではないんだけど、子供に甘いかな。6人子供いて放任する部分もあるんだけどね。

>意識を育てることから始めましょう。
>先生と協力してね。親同士で家庭で声を
>かけてもらうことも大切。

うん。部長のママさんに話をしてみるよhappy02

>王妃は、今、副会長でしょう。
>附属は特殊な教育校だし、その中で、いか
>に潤滑に部活を通して子供たちを育ててい
>くか、学校と話し合いをすべきだと思うな
>あ。どんな風にすべきかってのは、また、
>その気になったら聞いてね。

学校との話し合い。。本部役員会とかで議題に出来るのかな?
今回、他の保護者からも役員の在り方で悪い話も耳にしてるんだよね。
副校長もいるし、生の現場の声として挙げてみようかと思ってます。
どんな風に話をすればいいのか是非教えてくださいませheart02

投稿: 王妃 | 2010年9月12日 (日) 14時01分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 親子奉仕作業 | トップページ | しじゅうくにち »