« トンデモナイ話を見つけました | トップページ | 考えと行動のバランスは難しい »

追い詰められているのは●国?!

 尖●問題での日本の屈服を受けて●国側は謝罪と賠償を要求、これを拒否した菅政権に対し、今度は「誠実で実務的な行動」を求めるなど、増長する一方だ。 こんな●国に対し、日本が“一喝”する手立てはないのか。

 

●国人漁船の船長を逮捕した日本に対し、●国はレアアース(希土類)輸出制限 や訪日観光自粛、大手ゼネコン「フジタ」の社員4人拘束といった事実上の報復措置をとった。

 このほかにも中国は、(1)東シナ海ガス田 の共同開発交渉中断(2)円買い占めによる円高促進(3)日中環境保護協力協定の停止(4)戦闘能力のある漁船の尖●海域への定期派遣(5)同海域での軍 事訓練-といった強攻策を練っているという。こうした横暴に対抗する手立てはないのか。親日的な華字紙の●国人編集長は次のようにアドバイスする。

 

「●国ルートが皆無の菅政権としては、●国向けODA(政府開発援助)の無期限凍結や環境技術撤退、あらゆる著作権問題を国際司法裁判所に提訴するなどし て、外堀を固めるべきです」

 

ODAに関して言うと、日本が2国間援助の累積総額で一番援助しているのは、ほかならぬ●国だ。1979年 以降、多国間援助も含めた●国への援助総額は6兆円にも達している。

 しかし、●国政府は少なくとも2004年まで日本からの援助を国民 に一切伝えず、現在も6割超の●国国民が日本のODAの存在を知らないという。

 その後の急速な経済発展に伴い、日本は08年の北京五輪 以降、新規の資金協力援助を中止した。だが、アジア開発銀行経由の対●援助は現在も続き、こちらの総額は約2兆8000億円にものぼっている。このパイプ を止めることは相当な効果をあげそうだ。

 「そのうえで、すでに開発に成功しているレアアースの代替素材を1日も早く汎用化してエネル ギー面の依存を脱却する。駐留米軍も外交カードにして、したたかに渡り合うべきです」(華字紙編集長)

 ●国科学院によると、日韓は 2005年までに高品質レアアースを20年分購入、貯蔵したという。観光経済効果もまだまだ日本のほうが上だ。フジタ社員の安全についても、国連人権委を 巻き込めば決して無茶はできない。

 ●国に詳しいジャーナリストの富坂聰氏も
「メンツを重んじる●国政府にとっては、首相の声明が 事実上最後のカードで、無条件釈放の一報に心底安堵したはずです。もしも釈放が長引けば、軍事挑発も含めた強攻策しか残されておらず、そのときは国際世論 が黙っていない。実は追いつめられていたのは向こう(=●国側)だったのです」
と内情を話す。つまり、まだ“勝ち目”はあるということだ。

日本としてやることはやらなければならない。ビデオ公開がそれでしょう。
これをすることによって●国の態度が変わるだろうが、それは関係ない。
日本が世界に発信すべき重要な事だから。

|

« トンデモナイ話を見つけました | トップページ | 考えと行動のバランスは難しい »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

またまたご無沙汰してます^^;

久しぶりに来て見たら、なんか別のブログになっちゃってるんですがw

でもまあ、ここまで酷い状態になっていると、書かずにはいられなくなりますよね。
私も書いちゃってるし^^;

尖閣問題に関しては、事実上、既に勝負がついてしまいましたね。
中国の実効支配になりますよ。。。

世界にそんな態度を見せたものだから、お次はロシアが北方領土問題で、ここぞとばかりに攻勢に出ました。
ここもダメでしょ、これでは。。。

民主党政権、わずか一年で半世紀に及ぶ領土問題を全て解決しそうですね(-_-;)

中国、ロシア・・・他所の国はいいねぇ。
機を見て敏、国家らしい、したたかで素早い動きをしています。
一方、相っ変わらずこの国の政権は、「国ごっこ」だし。。。

投稿: りゅー | 2010年10月 3日 (日) 12時41分

★りゅーさんへ★

こんばんは^^ 確かに別人のような内容だよねwのほほん王妃はどこへやらshadow
王が住んでいるから余計に気になってね~。いつ拘束されるか分かんないじゃん?国内法にのっとってなんて言いがかりやハメられる可能性だって十分やりかねないし。

今までは中国語の勉強したり、少し近づく努力をしてたんだけど、今回の件で考え方も違うし、民主主義と社会主義は相いれないという根本的に無理なところがあるというのがよーく分かったと思う。
ソコソコの付き合いでいいよね。もう。
レアアースの一件でもそうだし、一国に頼るのは企業も良くない。

こんな政府になるとは思わなかったよ~。
自民党よりよくなってもらえると思ったから民主党に一票入れたのに。

>民主党政権、わずか一年で半世紀に及ぶ領土問題を全て解決しそうですね(-_-;)

うまいね。ホント、そうなったらトンデモナイ。
ロシアがここぞとばかりに出てきても、国際司法裁判所なるものがあるんだよねぇ?
とにかく、日本の主張は曲げないでいてくんないと民主党に未来はなし。
・・みんなの党の党員を増やすってのもいいかな。そこまで日本が持てばの話だけど。crying

投稿: 王妃 | 2010年10月 5日 (火) 17時30分

民主党政権、さすがに昨年の選挙の時にはここまで徹底した滅茶苦茶な政権になるとは誰も想像しなかったでしょう。
完全に想像の範囲の遥か彼方まで逝っちゃってますから。。。

ちなみにお話に出た国際司法裁判所ですが・・・
こちらは国家間の係争に対して、判断を下すことはできますが、そこまでです。
この場合、一般的な裁判だと民事になりますが、判決が下ったにも関わらず負けた側の当事者が従わなければ、強制執行などの強制する権限・権力があります。

が!国際司法裁判所にはそれがありません。
例えば北方領土問題で、国際司法裁判所が「北方四島は日本領であり、ロシアの不当な占有下にある」と判断をしたとします。
でもロシアは「クリル諸島は我が国固有の領土であるから、そのような不当な判断には聞く耳を持たない」としたとします・・・というか、絶対そう言います。
そうなると、その先は国連による勧告となります。
あくまで”勧告”です。
国際司法裁判所の判断に従いなさい、と勧めるだけです。
それでもロシアは意見を変えません。

そうなると、強制執行的に行なうものはは・・・
国連軍による軍事行動となります。

・・・だーれがこんな極東の、一島国の、そのまた辺境の小さな島のために核保有大国ロシアに喧嘩を売りますか。
結局、国際司法裁判所の判断が下ったにも関わらず、ロシアによる実効支配が続くわけです。
それまでとなんら変わることなく。

これが国際司法裁判所の持つ、一番の弱点です。
対象が国家ゆえに行動も起こせず、判断を下しても実効力が極めて弱いんですね。。。

投稿: りゅー | 2010年10月 5日 (火) 23時15分

★りゅーさんへ★

国際司法裁判所ってその程度しか出来なかったんだ。
何のためにあるんだろうね。
「勧告」なんて意味ない気がする。。
誰が政治家になったら日本を救ってくれるんだろう??(つд⊂)エーン

投稿: 王妃 | 2010年10月 9日 (土) 23時33分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« トンデモナイ話を見つけました | トップページ | 考えと行動のバランスは難しい »