« 2012年9月 | トップページ | 2012年11月 »

2012年10月

HALLOWEEN PARTY

http://www.youtube.com/watch?v=nfSED8dJ7vk

スゴイメンバーですね~。

HYDE(VAMPS) / Acid Black Cherry / DAIGO(BREAKERZ)
kyo(D’ERLANGER) / Tommy february6 / Tommy heavenly6
逹瑯(MUCC) / 土屋アンナ/青木隆治 / K.A.Z(VAMPS)
柩(ナイトメア) / 明希(シド) / RINA(SCANDAL) / 分島花音

ライブイベント日程は10月20、21日に兵庫・神戸ワールド記念ホール、
10月26〜28日に千葉・幕張メッセ国際展示場9〜11ホールにて実施される。
チケットは10月6日より一般発売開始。

こんだけのメンバーでのLIVEは まず見れないもんなぁ。
行ける人にはおススメですよぉ(◎´∀`)ノ

| | コメント (0)

寝る子は育つ・・・・のか?

王子 がよく寝る。
やることがたくさん残っていても、沈没する。
学校へ行くのに毎日重たい教科書やらリュックと肩掛けバッグに2つに入れて10kgくらいの重さになったものを運んでいる。
自宅から駅まで自転車。満員電車に35分間もまれ、駅から学校まで自転車。
片道ドアtoドアで約1時間半。

遠いのは分かってたけど、やっぱり体力使うよね。

課題や予習復習やる体力が無いようで、課題を学校でやってるとママ友から聞いた。
予習をしてきている前提で授業が進むので、授業を聞いてても理解できない事もあるだろうし、テストで習ってない。と思うところもあったそうだ。

しかし、、睡魔に襲われている人間を起こしたとしても、また睡魔に襲われる。
睡魔と闘いながら課題をしたり予習復習をしても頭には残らないだろう。

PCをいじる時間はあるようなので、その時間を課題をこなす時間にするのが良いとおもうが、彼の中で趣味の時間は外せないらしい。。。orz

 は ほっとけsign03 というが、担任は 朝はしっかり起こしてあげてください。 と言う。shock
勉強を頑張って疲れているならフォローするけど、PCで遊んで疲れて寝ているならフォロー解除すると宣言したのに、、寝てる。。
やること全てやらずに。。。

なので明日の朝は起こす事も弁当作りもしないことにした。
財布に1000円入れておけば十分足りるはずだψ(`∇´)ψ

| | コメント (2)

まだ終わっていない中国の嫌がらせ(としか思えない)

先月起きた反日デモ。反日を通り越して国内の不満に対してのデモになってたのが笑える。
反日、愛国無罪という言葉を出してやりたい放題。
そして、同じ国民が経営する店を破壊。同じ国民が所有する日本車を破壊。
日系の工場を破壊。従業員は現地採用が殆どでしょうね~。その人達の仕事は?
不買運動によって、日系企業の現地生産もdown日本もダメージ受けるけど、現地の人も同じよね。

昨日  より電話。
こちらの台風の被害状況の確認だったけど、プラスチックの鉢が2個倒れた程度で済んだ。
ヤバいのは先に物置にしまってたしね~(v^ー゜)

ついでに聞いた、現地の話。
政府が補償金を出したそうよ。 青島のジャスコは25億円の被害だけど、全額出したのかは知らん。金などでは元に戻せないデータなどのバックアップは日本にあったのかな。。
日本人オーナーが経営する店は補償金対象で、中国人オーナーが経営する店は対象外。
あんだけ世界に暴徒化した中国人の映像が出ちゃったんだもん、補償金を出す。ってのは当たり前だよね~。それすらしなかったら、これから先、中国へ進出する外資はいないって( ´艸`)プププ

でもさぁ、中国人オーナーは気の毒だね。
ただ日本料理店だったり、日本の品物を扱ってただけなのに。。
再開するオーナーは殆どいないって。そりゃそうだ。また反日デモが起きたら破壊され、略奪され、政府から補償すらされないんだもん。
中国政府にとってはどーでもいいのよねー。

ついさっき、尖閣諸島の経済的排他水域にいた中国船が領海内に侵入してきたそうだ。
海上保安庁の巡視船が退去命令をだしているのに 知らんぷり 。
ネチネチネチネチとやるわね。ヤレヤレ ┐(´(エ)`)┌クマッタネ

検品検査も100%だし、むかーしパナソニックの松下さんが中国のトップの人から「この国の為に力を貸してください」との話でパナソニックの工場を作ったのに。。
それ、どれくらいの中国人が知ってる?
ODAでいくらつぎ込んでインフラ整備したか知ってる?
今の発展があるのは自分たちが全てやったと勘違いしてるだけなんだよ~。
早く現実を見なさい。

| | コメント (0)

« 2012年9月 | トップページ | 2012年11月 »